PCスピーカーの音質に不満があるなら

低音が出にくく、音が平面的で、臨場感や迫力に欠ける……

低域の再生が十分にできず、音が薄く感じられる。重低音の出にくさは、迫力のある低音が欲しい場面でも物足りなさを感じがちだ。

音の解像度が低く、ごちゃごちゃしている……

PCスピーカーは小型なため、音の分離が上手くいかない傾向がある。楽器の音が混ざり合いごちゃごちゃした印象になり、音場の広がりも狭い感じ。音が聞き取りにくく、細かなニュアンスまで表現しきれない。

パソコンで動画や映画鑑賞をするのが当たり前の時代に、いつのまにか付属してたスピーカーなんかを使い続けていていいのだろうか。

音質に不満を抱えている人は、PCスピーカーにこだわってみてはいかかだろうか。

目次

安物のpcスピーカーと高品質なpcスピーカー

PCスピーカーは出力が小さいため、ボリュームを上げ過ぎるとすぐに音が歪む。音楽を大きな音量で気持ち良く聴けず、デスクトップ環境でのできるだけ少ない音量での鑑賞を余儀なくされる。

音質の悪さが気になり、PCでの音楽鑑賞やゲームの楽しみが損なわれてしまうのが残念な悩みだ。安いのだからそれなりの音質だろうと割り切れるかどうか難しいところだ。

高品質なスピーカーは、音の再現性が高く、自然で立体的な音場を作り出す。音楽やゲーム、動画などを臨場感たっぷりに楽しめる。

スピーカーは、用途に合わせて適切なものを選ぶことができる。ゲーミング用、DTM制作用、映画鑑賞用など、ニーズに合ったスピーカーを選べば満足度が高まる。

質の高いスピーカーは値が張るが、長く使えるので結果的にコストパフォーマンスは高い。安物のスピーカーは音質が悪く、不満が募り、短期間で買い替えを余儀なくされ、銭失いになりがちだ。

良質なスピーカーシステムであれば、後からサブウーファーやサラウンドスピーカーなどを追加して、より臨場感のある環境を構築できる。

買おう!と思い立ち情報を探してみると、掃いて捨てるほどいるオーディオマニアが、このスピーカーは〇〇だ、あのスピーカーは〇〇だ、と騒いでいる。どの製品を選ぶべきなのか、余計わからなくなってしまうかもしれない。

その人たちの言うことをいちいち聞いていたら、いくら金があっても足りないだろう。無尽蔵に金があるという人でないなら、予算を決め適度なものを選択しよう。

大きさ

スピーカーの音質は、その大きさに大きく影響される。より大きなスピーカーユニットを搭載できれば、低音の再現力が向上し、全体的に臨場感のある音質にはなる。

パソコンの傍らに置くのにはあまりにも大きいと、他の入力機器があるので置き場に困る。デスクでの使用では小型を採用せざるを得ない。

だが、小型のスピーカーでは低音の再現が難しく、音が薄く感じられがち。優秀なスピーカーほど小型なのに音がいい、という特徴がある。

ネットの画像では大きさが把握しにくく、スペックを確認しないと予想外の大きさに驚くことになる。

PCスピーカーの電源

PCスピーカーは以下の3種類の電源方式が一般的だ。

USB給電式

PCのUSBポートから電源を供給する方式。USBケーブル1本で電源とオーディオ信号の両方を受けられるため、配線が非常にすっきりするが,USBポートからの電力供給には制限があり、大出力のスピーカーには不向きである。

AC電源アダプター式

ACアダプターから専用の電源ケーブルでスピーカーに電力を供給。USB給電に比べて大きな電力が取れるので、大型で高出力のスピーカーにも対応できる。一方で、配線が複雑になってしまいがち。

電池駆動式

乾電池や充電式電池を内蔵したポータブルタイプのスピーカー。電源供給が完全に有線からワイヤレスになるため、設置場所を選ばないが、電池持続時間の制約を受け、大音量再生には向いていないし、家庭の普段使いでは面倒くさい。

USB給電式が手軽だが、大出力を求める場合はAC電源アダプター式を選ぶ。一方、ポータブル性を重視するならコードレスの電池駆動式も選択肢になる。

製品

代表的なPCスピーカーの製品をチェックしていこう。

ヤマハ パワードスピーカー NX-50


ヤマハ パワードスピーカー NX-50(ブラック)左右1組 NX-50(B)

幅 x 高さ x 奥行き 83x184x184 mm

ヤマハのパワードスピーカー NX-50は、適度な価格とコンパクトながら高音質なのが特徴。

安定の日本メーカーが作るコンパクトなボディながら、こだわりの高音質設計で迫力あるサウンドを実現し、ラウドネスコントロールで音量に合わせた低域補正を自動で行う。

音量調節とステレオミニジャック入力を2系統を全面に装備し、付属ケーブルですぐに接続できる。

シャカシャカ感のない聞きやすいサウンドで、中音域は良好だが低音があまり強くない。

オーディオテクニカ AT-SP95


オーディオテクニカ AT-SP95 アクティブスピーカー PC タブレット レコードプレーヤー USB給電 省スペース設計 前面ヘッドホン端子 省電力 高出力

オーディオテクニカ AT-SP95はパソコンやオーディオ機器での高音質な音楽鑑賞ニーズに応える、手軽なパーソナルスピーカー。

操作は電源/ボリュームノブを回すだけのシンプル設計。デュアルモニター設置にも対応する長め の渡りコードを装備し、USB給電ながら高出力を実現し、φ52mmの高感度スピーカーユニットによりナチュラルなサウンドを再生。さらに前面にヘッドホン端子を搭載し、プラグの差し換えが不要で便利だ。

省スペースでPCデスク周りに馴染むコンパクトな設計と、5,000円以下の実用的な価格で買いやすいが、音質はお値段相応といった感じだ。

サンワダイレクト 400-SP104


サンワダイレクト PCスピーカー 高出力80W Bluetooth / 3.5mm / 光デジタル/USB/microSD対応 パソコン テレビ モニター用 スピーカー 400-SP104

サンワダイレクトのPCスピーカー400-SP104は、実用最大出力80Wの木製スピーカーで、迫力の重低音から透明感のある高音までを美しく再現。付属リモコンで低音と高音を調節可能。

Bluetooth5.0でスマホ/タブレットとワイヤレス接続。3.5mm有線接続、光デジタル端子、USB/microSDメモリー再生にも対応。

テレビの外部スピーカーとして活用できる。アクティブスピーカーなので大型アダプタ不要。コンパクトでPC・テレビ周りの配線もすっきりする。

コンパクトながら高出力で多彩な接続方式に対応する使い勝手の良いスピーカーで音声用途では問題ないが、音のヌケが悪く本格的な音楽リスニングには不満があるかも。コスパは高い。

JBL Pebbles バスパワードスピーカー JBLPEBBLESBLKJN


JBL Pebbles バスパワードスピーカー USB/DAC内蔵 ブラック JBLPEBBLESBLKJN

JBL Pebbles バスパワードスピーカーは、USB DAC内蔵により高音質なデジタル再生を実現。50mmフルレンジドライバーと高効率デジタルアンプを搭載し、高解像度で力強い重低音を再現している。

低音の表現力が高く、ボーカルや音楽がリアルに再現されるサウンド。重低音が好みの人や、音楽・ゲームをしっかり楽しみたい人におすすめだ。

USBにつなぐだけで自動でデジタル音声入力とパワーを供給。ACアダプタ不要で、ドライバインストール不要でカンタンに接続できる。

3.5mmステレオミニ端子を1系統装備。スマホやプレーヤーなどの有線接続にも対応している。付属の3.5mmケーブルが短いので、自分で用意したほうがいいかもしれない。

JBLならではの音質とデジタル再生への対応、手軽な接続性が高く評価されつつ、低音の迫力と臨場感が魅力でこの価格帯では優秀といえるスピーカーだろう。

Razer レイザー Leviathan V2 X


Razer レイザー Leviathan V2 X ゲーミング サウンドバー 単一スピーカー フルレンジドライバー搭載 USB Type-C Bluetooth 接続 Chroma RGB 対応 モバイルデバイス PC ノートPC リヴァイアサン ブイツー エックス 【日本正規代理店保証品】

長さ400mmのコンパクトボディながら、2つのフルレンジドライバーと2つのパッシブラジエーターを搭載。クリアな高音質と深い重低音を実現するPCサウンドバーです。モニター下にスッキリ設置できるサイズ感が魅力だ。

標準的なスピーカーは左右を繋ぐ線とPCと繋ぐ線に加えて電源の3本tなりケーブルが多くなるが、これだと1本で済んで配線がスッキリする。

USB Type-Cケーブル1本での給電に対応。高音域の明瞭さと解像度の高さ、そして重低音の深い響きにより、ゲームや映画、音楽のダイナミックな音場を再現。高音の聴き取りやすさが評価されています。

ユニットをまとめたサウンドバー型は配線が単純で省スペース。モニター下などのデスク周りに馴染むコンパクトなデザインが好評だ。

Logicool G ゲーミング スピーカー G560


【Amazon.co.jp限定】Logicool G ゲーミング スピーカー G560 PS5 PS4 PC 有線 Bluetooth 2.1ch 3.5mm usb 最大4台接続 LIGHTSYNC RGB 国内正規品 ※Amazon限定の壁紙ダウンロード付き

Logicool G ゲーミングスピーカー G560はパワフルで臨場感抜群の重低音サウンドが特徴だ。
最大出力240W(RMS120W)の金属製ドライバーを搭載。サブウーファーと2基のサテライトスピーカーで、迫力ある重低音と透明感のあるクリアな高音域を実現している。

LIGHTSYNC RGBにより、ゲームのシーンに合わせて1,680万色のライティングアニメーションが自動で連動。ゲーミングスピーカーならではの迫力ある重低音とシーンに合わせたRGBライティングで臨場感を高める。

USB・3.5mm・Bluetoothと複数の接続端子を備え、異なる音源の同時出力にも対応。ロジクールEasy-Switchでは最大4台のデバイス切り替えも可能となっている。

低音の音質とRGBライトの映像演出が高く評価される半面、異音が混じる、ソフトウェアが不安定などの指摘がされている。サブウーファーのボディが大きく設置場所の確保などが課題点として挙げられている。

BOSE(ボーズ) Bose Companion 2 Series III multimedia speaker system


BOSE(ボーズ) Bose Companion 2 Series III multimedia speaker system PCスピーカー 19 cm(H) x 8 cm(W) x 右:15 cm 左:14.5 cm(D)

ボーズの高品位なオーディオ性能が魅力のCompanion 2 Series IIIは、2つのエレガントなスピーカーが幅広く、ライブに近いサウンドを再現。あらゆる音量でクリアな高音質サウンドを実現している。

便利な設計も特徴的で、AUX入力端子とヘッドホン出力端子を装備していて使いやすい。右スピーカー前面にボリューム・ヘッドホン端子を配置し、余分な入力端子に他の機器を追加接続できる。

さらにUSB-DACを介してハイレゾ音源の再生にも対応。96kHz/24bitハイレゾ音源では、低音のビートの締まりや繊細な高音の表現力を向上させる。

PC用スピーカーとして音楽や映像のハイクオリティ再生に適するだけでなく、YouTube動画の予告編など様々なコンテンツにも対応できる。

高音質で特定の音が聞き取りにくさがない点が高く評価される一方、約2年で電源が入らなくなるなど耐久性に課題があるとの指摘もある。

ボーズ品質の高音質と便利な入出力端子を備え、ハイレゾ対応でさらに音質が深化する点が魅力の評価のスピーカーだが、長期使用に向けた耐久性の改善が望まれている。

Bose Companion 20 multimedia speaker system


Bose Companion 20 multimedia speaker system PCスピーカー 8.9 cm (W) x 21.9 cm (H) x 11.9 cm (D) 1.13 kg

Bose Companion 20は、PCユーザー向けの高性能マルチメディアスピーカーだ。部屋中に広がる迫力のボーズサウンドを実現しながら、小さな音量でも自然な音質を追求している。

本体は無駄のないシンプルな高いデザイン性を実現し、付属のコントロールポッドにより快適な操作性を確保している。一瞬でできるミュート機能は使いやすい。

3.5mmステレオミニジャック入力を本体とコントロールポッドに装備。目の前で演奏されているかのような、音楽性豊かで繊細な高音質サウンドが特徴だ。

価格は高めですが、ボーズの魅力である厚みのある中低音が健在で、従来シリーズに比べクリアな音質、細かい音の表現力が加わっている。

一方で、2年を過ぎた頃から音量の調整が難しくなるなどの不具合が報告されており、通電回路やコントロールポッドの設計に課題があるように見受けられる。音質への満足度は高いものの、耐久性への不安が残り修理代も高いとの不安が残る。

Bose マルチメディアスピーカー Companion 2 Series


Bose マルチメディアスピーカー Companion 2 Series I 348053-1010

Boseの伝統的なサウンドを持つこのスピーカーは、フラットな音質ではなく、太みのある丸みを帯びた独特の音色が特徴。音の軸がしっかりしているので長時間聴いても疲れにくく、ロックからネットラジオまで幅広いジャンルに対応できる。

デスクトップPCユーザー向けの一般的な用途「あまり深く考えずによい音をお手軽に手に入れたい」という発想に合ったスピーカーと言える。この価格帯でこれ以上の選択肢はそう多くないだろう。

一方で、音作りを目的とするDTMなどの用途には向いていない。また、低域が出すぎて聞き心地が悪いと感じる人もいるかもしれない。壁から40cm程度離し、スピーカーの向きを内側に少し向けると、低域の反射を抑えてスッキリした音に聞こえる。

2つのエレガントなスピーカーが幅広くライブに近いサウンドを再現し、AUX入力端子とヘッドホン出力端子を装備。右スピーカー前面にボリューム・ヘッドホンジャックが設けられた使いやすい設計だ。これで不満があるなら、もっとハイクラスのスピーカーを選択するべきだろう。

Bose Computer MusicMonitor


Bose Computer MusicMonitor シルバー

Bose Computer MusicMonitorはノートPCやデスクトップPCユーザー向けの超小型2ピーススピーカーシステム。エレガントでありながら目立たない上品なデザインが魅力だ。

小さなボディながら、2つのパッシブラジエーターから迫力の低音を生み出します。ネオジウムマグネットを採用したドライバーと、精密なデジタルアンプを内蔵し、ボーズ製品にふさわしい高品位なサウンドを実現している。

高剛性のアルミボディはシンプルで分かりやすい操作性を誇り、さまざまな機器とも簡単に接続できる。映画、音楽、ゲームなど、エンターテインメント用途に最適なオーディオ体験を楽しめる。

このコンパクトさから考えられないほどの高音質と、ウーファー無しとは思えない低音の強さに加えて、デスクを圧迫しない小型の筐体で、大音量が出せない環境にも適している。

一方で、小音量時に音がこもったように感じられるなど、低音が強調されすぎている点が短所と指摘されています。中古購入時はリモコンが無い場合があり、注意が必要だ。

まとめ

PCを楽しみたいなら映像だけでなく音にも注目したいところだ。臨場感や満足度を高めるためにもスピーカーの重要性は高い。予算を確保し、自分のニーズに合ったスピーカーを選ぶのがおすすめだ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次