もっと強く安定した電源ユニットを選びたい

PCの電源ユニット(PSU)の役割は、主電源から供給される交流電力を、コンピューターが必要とする直流電力に変換することである。

役割はそれだけではない。良質な電源ユニットは、システムをより効率的且つ安定したものとし、信頼性を高めることができる。

古いシステムにおいては、電源ユニットが最初に故障するケースが多々見受けられる。新規に構築するなら、PSUの役割を完全に理解しておきたいところだ。

目次

どう選択するのか

適切な電力供給能力と、ノイズフィルタリング、保護回路など、PSUに求められる機能は多岐にわたる。PSUの選定を誤れば、システム全体の安定性やパフォーマンスに悪影響を及ぼしかねない。

組み立て時にPSUの仕様を綿密に見極め、要件を満たすものを選ぶ必要がある。

高品質なPSUは、システムの長期的な健全性を左右する重要な要素なのである。

購入の際には、いくつかのポイントを考慮する必要がある。選び間違えると、構築作業の難易度が高まったり、追加的な費用が発生する可能性がある。

どの程度の電力を要求するか

まず最初に検討すべき点は、構築するPCシステムが最低限どの程度の電力を必要とするか、という点だ。正確な電力需要は、選択したパーツの種類によって異なる。

例えば、3.2GHzの第5世代CoreプロセッサとGeForce GTX 750を使用する場合に比べ、
4GHzの第7世代CoreプロセッサとNVIDIAのGeForce GTX 1080グラフィックスカードを使用する場合は、より高い定格出力のPSUを探す必要がある。

おおよその目安としては、CPU、GPU、ストレージデバイスの公称電力を合計し、さらに基本システムの平均電力需要である250Wと、余裕分として100Wを加えた値となる。各パーツの電力値は、製品ドキュメントやメーカーウェブサイトで確認できる。

このように、適切なPSUの選定においては、システムを構成する各パーツの消費電力を正確に見積もることが不可欠である。

有線型とモジュラー型の違い

電源ユニットを選択する際の重要な要素として、有線型とモジュラー型の違いが挙げられる。

モジュラー電源ユニットとは、本体から分離された状態のケーブルを有するタイプのものだ。ユーザーが必要なケーブルのみを選択して接続し、余剰ケーブルをケース内に残さない利点がある。

一方で、有線タイプに比べて通常は高価となるが、これは提供される利便性に起因するものと考えられる。また、セミモジュラータイプと呼ばれる、主電源ケーブルが配線されており、他のケーブルを接続するためのポートが存在するPSUもある。

次に、電源コネクタの選択も重要な点である。特に有線ユニットを使用する場合には、CPU電源ソケット用のコネクタ(4ピンまたは8ピン)や、使用するグラフィックスカードに適合したコネクタ(複数の6ピンまたは8ピンPCIe電源)を有しているかを確認する必要がある。モジュラータイプであれば、より選択肢が多くなると考えられる。

具体的には、20+4ピンメインコネクタ、CPU電源コネクタ、PCIe補助電源コネクタなどが、私たちの構築で必要となる標準的な電源コネクタである。ただし、使用するパーツによっては異なる種類のコネクタが必要になる場合もあり仕様を確認する必要がある。

モジュラー電源ユニットは、取り外し可能なケーブルシステムを提供する。不要な接続を取り除き、余分なコネクターによる追加電気抵抗の犠牲を減らせる上に、配線が整理され、ケース内のエアフローが向上する。

多くのモジュラー電源ユニットには、PC本体や4ピンMolexなどの取り外せないケーブルとコネクターがあるが、「完全モジュラー」として市場に出回っている新しい電源ユニットはすべて外せる仕様だ。

電源コネクター

以下に電源コネクターを紹介する。作るPCに必要か不要かを判別できるようにしておこう。

20+4ピンコネクター

20+4ピンコネクターは、マザーボード用のメイン電源コネクターであり、ほとんどのオンボード機能に電力を供給する。ATXまたはmATXマザーボードを使用している場合、24ピン全てを使用する必要がある。一部のマザーボードは20ピンのみ必要とする場合もある。

マザーボードのマニュアルやメーカーのウェブサイトで確認することだ。正しく整列されており、ボードをサポートしながら確実に差し込むようにしよう。

4+4ピンコネクター

4+4ピンコネクターはプロセッサー専用の電源であり、最新のCPUを搭載した現代のマザーボードでは、2つの4ピンコネクターに分割できる8ピンコネクターになる。

マザーボードやCPUが4ピン12v接続のみを必要とする場合は、いずれか1つを使用する。場合によっては、電源ユニットには単一の4ピン12vコネクターしかないことがある。20+4ピンと同様、ピンを整列させ、しっかりと押し込むこと。

PCIE 6ピンコネクター

このケーブルは、GPU(グラフィックスカード)に専用の電力を供給するためのものだ。古いカードではマザーボードから電力を取ることができたが、ほとんどの現代のGFXカードは独自の電源を必要とする。PCleコネクターは通常、分割可能な6ピンだ。

GPUが2つの6ピン接続を必要とするなら、PSUに2つ以上のPCIE 6ピンコネクターがあることを確認しておこう。

MOLEXコネクター

昔からあったMOLEXコネクターは、古いPCでハードドライブ、CDドライブなどに電力を供給するために広く使用されていたが、ほとんど完全にSATAコネクターに置き換えられた。

有線のPSUを使用している場合は、ほぼ確実にいくつかのMolexコネクターがある。モジュラーなPSUでは必要ないなら箱にしまっておけばよい。

SATAコネクター

SATAコネクターは、ハードディスクドライブや光学ディスクドライブなどのSerial ATA(SATA)デバイスに電力を供給するために使用される。

システムに十分な数のこのプラグが電源ユニットにない場合は、標準の周辺機器電源プラグ(Molexとして知られる)をアダプターを使用してSATA電源プラグに変換できる。SATAコネクターは同じケーブルでデイジーチェーンされることもある。

高性能なPSU

優良電源とされるCorsair AX1500i Digital ATX電源ユニットは、1500Wの連続出力能力を有しており、115V以上の15A回路においてデジタル制御による電力供給を行える。80 PLUS認証を取得し94%という高い変換効率を実現していることから、エネルギー損失が抑えられるかもしれない。

ゼロRPMファンモードを備えており、低・中負荷時には静粛性が維持される。完全モジュラー設計、かつ、ロープロファイルケーブルを採用しているため、構築の柔軟性と外観の向上が図られる。さらに、Corsair Linkとの連携により、デスクトップ上から電力使用状況やパフォーマンスのカスタマイズが可能である。

電源ユニットの効率には最低値と最高値の間で大きな開きがあり、PCの消費電力量のみならず、その電力がパーツへどのように分配されるかによっても左右される。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次