Slackware:スローで着実に走り続ける古参ディストリビューション

Slackwareは歴史あるLinuxディストリビューションのひとつだ。

安定性と信頼性を追求したコンセプトで、パッケージは相互依存関係が少なくシンプルな構成で、グラフィカル設定ツールはほとんどない。

コアシステムに対する深い理解が求められる一方、カスタマイズの自由度も高く上級者向けのディストリビューションだ。

目次

Slackwareの歴史

Slackwareは、最も古くから続くLinuxディストリビューションである。現在も積極的に開発されており、その歴史は20年以上にわたる。

1993年にPatrick Volkerding氏によって創設されたSlackwareは、UNIXライクなLinuxディストリビューションを提供することを目標としている。

Slackwareは、最初期のLinuxディストリビューションの1つであるSoftlanding Linux System(SLS)から派生した。SLSは、Linuxカーネルと基本的なユーティリティに加えて、TCP/IPとXウィンドウシステムを提供した最初のディストリビューションだった。

しかし、SLSはバグが多く、ユーザーからの不満が高まったため、Volkerding氏は、1993年7月にSLSに似たディストリビューションをリリース。当時、このディストリビューションはミネソタ州立大学ムーアヘッド校の匿名FTPサーバーでホストされており、24枚の3.5インチフロッピーディスクで提供されていた。

1994年10月にバージョン2.1がリリースされると、ディスク枚数は73枚に増え、バージョン3はCD-ROMでリリースされた。

Slackwareは、シンプルで安定したディストリビューションとして、UNIXライクな環境を求めるコアなユーザーに人気がある。

コントロールしやすい

Slackwareは、アップストリームパッケージをほとんど変更しないことで知られている。これは、他のディストリビューションとは対照的な特徴であり、Slackwareの大きな強みだ。

アップストリームパッケージとは、ソフトウェア開発者の元のWebサイトから直接ダウンロードできるパッケージのこと。Slackwareは、これらのアップストリームパッケージをできるだけそのまま使用することを重視する。

これにより、Slackwareは、他のディストリビューションよりも最新のソフトウェアを入手することができる。また、ソフトウェアの動作に変更が加えられることが少なく、安定性に優れる。

さらにSlackwareは、ユーザーの判断を妨げない。特定のユーザー層や、幅広いユーザーに向けた他のディストリビューションとは異なり、Slackwareは特定の使い方を想定しない。

そのため、ユーザーは、Slackwareでは他のほとんどのディストリビューションよりもはるかに自由にシステムをコントロールできる。

Slackwareのシンプルさは初心者には辛い

Slackwareは、Linuxディストリビューションの草分け的存在であり、シンプルで安定したOSだが、そのシンプルさが初心者には難度が高い。

Slackwareのインストールは、他のディストリビューションと比べて手順が多く、コマンドラインでの操作が求められる。また、設定や管理も、プレーンテキストファイルやシェルスクリプトを用いて行うため、初心者には難易度が高い。

さらに、Slackwareは、高度なグラフィカルパッケージ管理ツールを提供しない。コマンドラインツールのpkgtool、installpkg、upgradepkg、removepkg などを使用してパッケージの管理を行うことになるが、これらのツールは依存関係を解決してくれない。

そのため、Slackwareでパッケージをインストールする際には、依存関係の問題を自力で解決する必要がある。これは、初心者にとっては大きな障壁となるだろう。

Slackwareの派生物

驚くかもしれないが、Slackware は多くのディストリビューションのベースとして人気がある。派生物には、包括的なデスクトッププロジェクト、ライブディストリビューション、セキュリティディストリビューションなどがある。

Slackware は、多くのディストリビューションのベースとして使用されている。その中には、以下のようなものがある。

Slax:軽量で使いやすいデスクトップ環境を提供するライブディストリビューション

あわせて読みたい
Slax Linux - your pocket operating system Slax is a modern, portable, small and fast Linux operating system.

Slackware-Live:Slackware のインストールなしで試すことができるライブディストリビューション

あわせて読みたい

Slackware-Security:セキュリティを重視したディストリビューション

Slackware は、1993年にリリースされた、Linux ディストリビューションの草分け的存在である。当初は 32 ビット版のみであったが、Slackware 13以降は64ビット版も正式に提供されるようになった。また、2002 年にはARMアーキテクチャ向けの移植であるSlackware ARMもリリースされた。

ユーザーの自由度

Slackwareは、開発者向けの一般的なツールの一部が欠けている。例えば、公式のバグ追跡システムは存在せず、Slackwareに貢献するための公式な仕組みもない。

これは、Slackwareの開発者の哲学によるものだ。Slackwareは、ユーザーの判断を妨げず、特定の使い方を想定しないディストリビューションを目指しているため、開発者向けのツールでユーザーの自由度を制限しないようにしている。

ディストリビューションに含めるものを最終決定するのは、Slackwareの「優しい終身の独裁者」であるPatrick Volkerding氏によって行われる。Volkerding氏は、Slackwareの創始者であり、現在も開発の中心人物として活躍している。

また、Slackwareは通常のディストリビューションとは異なり、固定されたリリーススケジュールに従わない。非常に安定したシステムをリリースすることが目的であるため、リリースは「出来たらリリース」という方針で、年に1回のリリースを目指している。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次