SUSE: 企業ユーザーを唸らせるディストリビューション

SUSEは、ドイツで創業した老舗企業による商用Linuxディストリビューションだ。企業利用をメインターゲットとしており、高度な設定ツールYaSTや、大企業向けの長期サポート(LTS)、SAPやVMwareとの互換性などの特徴がある。

SUSEは、1992年にドイツのSUSE AGによって開発・提供が開始され、2003年にNovellによって買収され、2014年にSUSE Linux GmbHとして独立。現在は、SUSE Software Solutions GmbHによって開発・提供されている。

Red Hat Eterprise Linuxと並ぶ代表的な企業向けLinuxディストリビューションで、安定性やセキュリティ、サポートなどの面で高いレベルを実現している。

目次

SUSEの歴史

1992年、ローランド・デュロフ、ブッフャード・シュタインビルド、ヒューバート・マンテル、トーマス・フェーアの4人は、Software und System Entwicklung (ソフトウェアとシステム開発)を設立。当初はサービスプロバイダーとして活動していたが、後に独自のディストリビューションを開発し、企業利用者の要望に応えることを決意した。

そのディストリビューションは、SUSE(Software-und System-Entwicklungの頭文字)と名付けられ、Slackwareのオリジナルリリースをドイツ語に翻訳し、Slackwareのパトリック・フォルカーディングと緊密に協力して開発されたものだった。

SUSEは独自のLinuxディストリビューションを構築するために、現在は廃止されたJurixディストリビューションを使用。JurixはFlorian La Roche氏によって作成され、その後SUSEチームに加入し、ディストリビューション独自のインストーラーと設定ツールであるYaSTの開発を開始した。YaSTを搭載した最初のSUSEディストリビューションは1996年5月にリリースされた(YaSTは1999年に書き直され、インストーラーのみとしてSUSE Linux6.3に初めて搭載された)。

SUSE Linuxは時間とともに、Red Hat Linux の多くの要素、特に評価の高いRPMパッケージマネージャーなどを取り入れ、1996年、SUSE Linuxという名前で最初のディストリビューションがSUSE Linux 4.2として公開された。

バージョン番号の飛躍的な増加は、ダグラス・アダムスの『銀河ヒッチハイクガイド』で紹介されている「生命、宇宙、そしてすべてのものの答え」に対する意図的なオマージュであった。YaSTの最初のバージョン番号である042も、同じ作家への敬意から付けられた。

企業ユーザーを魅了するディストリビューション

SUSEは、常にオープンソースを企業ユーザーに提供することに焦点を当ててきた。2001年にSUSE Linux Enterprise Server を導入し、社名をSUSE Linuxに変更した。

2004年1月にソフトウェアとサービスの会社であるNovellがSUSE Linuxを買収した後、SUSE Linux Professional 製品は100%オープンソースプロジェクトとしてリリースされ、OpenSUSE プロジェクトが開始された。

これは、Red HatがFedoraと同様に取った戦略と同じである。ソフトウェアは常にオープンソースであったが、これにより開発者とユーザーがテストと進化を行うプロセスもオープンになった。

SUSEの飛躍

OpenSUSE プロジェクトからの最初の安定版リリースはSUSE Linux 10.0 であった。このリリースには、オープンソースアプリケーションとプロプライエタリアプリケーションの両方、および小売ボックスセットエディションが含まれていた。

また、Gnomeデスクトップ環境をSUSEのデフォルトKDEデスクトップと同様に取り扱った最初のリリースでもあった。バージョン10.2以降、SUSE Linuxディストリビューションは正式にOpenSUSEと改名された。

2006年11月、NovellはMicrosoftとSUSEのWindowsとの相互運用性の向上、両製品の相互宣伝およびマーケティング、特許の相互ライセンス供与に関する協定を締結。この協定は、一部のFOSSコミュニティによって物議を醸した。

Novellはその後2011年にThe Attachmate Groupに買収され、NovellとSUSEは別々の子会社に分割された。SUSEは、OpenSUSE Linuxをベースにした商用製品であるSUSE LinuxEnterprise に関する製品とサービスを提供している。

SUSEは、エンタープライズ向けに複数の製品を開発している。これらの製品は企業環境を対象としており、長いライフサイクル(7年、10年まで延長可能)、長い開発サイクル(2~3年)、独立系ハードウェアおよびソフトウェアベンダーによる技術サポートと認定を備えている。

SUSE Linux Enterprise製品は販売のみ可能である。また、企業環境向けに設計されたデスクトップ指向のオペレーティングシステムであるSUSE Linux Enterprise Desktop (SLED)もある。

対照的に、OpenSUSEはサーバー、デスクトップ、タブレット向けに異なるディストリビューションを持っていない。代わりにさまざまなインストールパターンを使用して異なるタイプのインストールに対応している。

実力派RPMベース OpenSUSE

openSUSE
The makers' choice for sysadmins, developers and desktop users. Discover Tumbleweed and get the newest Linux packages with our rolling release. Fast! Integrated! Stabilized! Tested!. Discover Leap and get the most complete L...

OpenSUSEは、屈指の実力派RPMベースのディストリビューションである。

32ビットと64ビットの両方のアーキテクチャ向けに複数のエディションが用意されており、ARM v6、ARM v7、64ビットARM v8にも移植されている。

かつてはKDEデスクトップで知られていたが、今では主要なデスクトップ環境すべてにおいて洗練された見た目となっている。KDEとGnomeの他に、Mate、Xfce、Enlightenment、LXDEも搭載している。

ディストリビューションは、小型のライブインストール可能なイメージか、インストール専用のDVDイメージのいずれかとしてダウンロードできる。

OpenSUSEの特徴の一つは、システムのさまざまな側面を微調整できる設定と構成ユーティリティであるYaSTである。もう一つの人気ツールは、以前作成したシステムスナップショットに復元できるSnapperである。

このディストリビューションは、FedoraがRHELのベースとなるのと同様に、SUSE Linux Enterprise製品のベースとしても機能し、スキルレベルに関係なくあらゆるタイプのユーザーに適している。

インストーラーは多機能で、さまざまなカスタマイズオプションを提供している。初心者でも操作でき、インストールされたシステムを企業のディレクトリサーバーに接続するオプションも備えている。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次