Red Hat Linux:オープンソースビジネスモデルの先駆者

Red Hat Linux は 1994 年、マークヱウィングによって設立された。Linux に多大な影響を与えたディストリビューションの一つである。

あわせて読みたい
Red Hat Enterprise Linux オペレーティングシステム | Red Hat Red Hat Enterprise Linux (RHEL) は、新たなアプリのデプロイ、環境の仮想化、安全なハイブリッドクラウドの作成などに適した、汎用性と安定性に優れた実績ある基盤です。

ボブヤングとACC Corporation はヱウィングの事業を買収し、Red Hat Software を設立した。同社は 1999 年に株式公開を行い、ウォールストリート史上 8 番目に大きな初日上昇率を達成した。Red Hat Linux の成功により、初のオープンソース 10 億ドル企業となった。

Red Hat は長年にわたり、Linux のトップデベロッパーたちと協業してきた。株式公開後すぐに、GNU C++ コンパイラを作成し、GNU C コンパイラと GNU デバッガの開発に取り組んでいた Michael Tiemann の Cygnus Solutions を買収した。

目次

RPMパッケージ

Red Hat が開発した RPM パッケージング形式は、Linux 標準ベース (LSB) のベースラインパッケージ形式として採用され、Linux ディストリビューションの標準的なパッケージング形式として広く普及した。

Linux標準ベース (LSB) とは、Linux Foundation が管理する複数の Linux ディストリビューションによる共同プロジェクトで、Linux オペレーティングシステムで使用されるファイルシステムを含むソフトウェアシステム構造を標準化することを目的としている。

また、Red Hat は Gnome と KDE のデスクトップを Bluecurve テーマで統一しようと試み、KDEの開発者との緊張を引き起こした。ナビゲーションが容易なグラフィカルインストーラ Anaconda で数々の賞を受賞している会社でもある。

Fedora プロジェクトに継承

Red Hat Linux は幕を閉じたが、自由なディストリビューション開発はコミュニティに継承され、Fedora プロジェクトが新たな道を切り開いた。

Red Hat は引き続き Fedora の舵取り役を務め、Fedora で新技術を熟成させ、やがて Red Hat Enterprise Linux に取り込むエコシステムを構築している。

RHEL の再配布制限を回避するため、厳格な商標ルールを設けており、CentOS など互換ディストリビューションが発展した。これらのディストリビューションは RHEL と完全なバイナリ互換性を備えている。

Red Hat はオープンソースビジネスモデルの先駆者であり、フリーなコード、コミュニティ開発、プロフェッショナルな品質管理、サブスクリプション型のサポート体系を巧みに融合させた。

Radeon や Nouveau、CentOS などのフリー・オープンソースプロジェクトにも積極的に貢献し、開発コミュニティ全体を盛り上げている。

レッドハットは単にディストリビューション開発にとどまらず、オープンソースの発展と普及に大きな足跡を残した。その革新精神は、これからも Linux 界をリードし続けるはずだろう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次