自作パソコンのOSにLinuxを選択する

自作パソコンのOSとして、Windows以外の選択肢がある。Linuxは無料で利用でき、安定性とセキュリティ面でも評価が高く、Linuxのインストールや使用にチャレンジしてみる価値はある。

自作パソコンには好みの構成を選べるメリットがあるが、OSもWindowsに縛られることなく、Linuxを選んでいこう。せっかく自分でパソコンを組み立てたのだから、Linuxにもチャレンジしてみよう。

目次

Linuxを選ぶ

Linuxには「ディストリビューション」と呼ばれるさまざまなバージョンがある。それぞれ異なる理念とアプローチを持ち、ユーザーに異なる機能とツールを提供している。

自作パソコンでLinuxを利用したい場合、最も一般的でサポート体制の整っている次の5つのディストリビューションをみてみよう。

ディストリビューションを選ぶ

新しいPCにLinuxディストリビューションをインストールするのは、誰もが望むことではない。Linuxを選択する人々でも、よほどの物好きでなければ、おそらくWindowsに似たようなものが欲しいはずである。

そのため、自作パソコンにLinuxを入れる場合、ディストリビューションの選択は重要になる。最も一般的なのがUbuntuやLinux Mintだ。この2つはデスクトップ環境がWindowsに近く、移行しやすく使いやすい。

一方で、Linux本来の特徴を生かすならDebianやFedoraを選ぶ手もある。こちらは安定性、最新技術、自由度に優れていて、Linux環境をフルに活用できるが難度は高い。

Ubuntu

Ubuntuは最もメジャーなLinuxディストリビューションの1つであり、初心者におすすめだ。

「Ubuntu」とは古代のアフリカの言葉で、「他者への人道性」を意味する。Ubuntuディストリビューションはその精神をコンピューター世界にもたらしている。

オフィススイート、ウェブブラウザ、メールやメディアアプリ、アプリストアが付属してすぐに使える。

「Unity」として知られるインターフェースは、OS Xを彷彿とさせ、サイドにあるランチャーはプログラムを開いたり切り替えたりするために使用される。また、検索用のダッシュや新しいHUDインターフェースがある。

Ubuntuはインストールせずに試せる。DVDまたはUSBフラッシュドライブから直接実行する。Ubuntuはイギリスで開発されており、カノニカル社が技術サポートで収益を上げている。

全てのLinuxユーザーに好まれているわけではなく、機能豊富すぎると感じるユーザーもいる。しかし、初心者が始めるのに最適なディストリビューションだといえるだろう。

Ubuntu Japan
Ubuntu Ubuntuは、デスクトップPCやクラウド、インターネットに接続されたあらゆる機器まで、すべての環境において動作可能なオープンソースのソフトウェアオペレーティングシステ...

Linux Mint

Linux Mintは2006年に始まり、Ubuntuをベースにしていましたが、異なる方向に進んでいる。Ubuntuの代替として開発され、上質なインターフェースを取り入れている。

インストール時にさまざまなデスクトップオプションを提供しているのが人気の理由だ。最も人気のあるのはCinnamonだが、MATE、KDE、Xfceもオプションとして利用可能だ。

CinnamonはWindowsインターフェースに似ており、WindowsからLinuxに移行する人々に人気がある。

Ubuntuは、異なるデスクトップ環境をインストールできるが、MintではUbuntuよりも簡単にデスクトップ環境を切り替えできる。

Mintには他のLinuxインストールが避ける非オープンソースのプロプライエタリソフトウェアも含まれている。コミュニティ内では疑問視されている。

VLCなどのビデオプレーヤーをはじめ様々なソフトウェアが組み込まれていて、インストールする手間を省いている。

あわせて読みたい
Home - Linux Mint Linux Mint is an elegant, easy to use, up to date and comfortable desktop operating system.

Debian

Debianは、歴史のあるLinuxディストリビューションのひとつであり、Ubuntuを含む他の多くのLinuxシステムのベースとなっている。

Debianを選ぶメリットは、安定性と信頼性の高さだ。コミュニティ主導の開発と厳格なテストが行われるため、システム障害が起きにくい。

一方で、Debianは初期設定の手間があり、初心者には扱いづらい。UbuntuやLinux Mintのほうが、インストールのしやすさや豊富なアプリケーションの点で、はじめるにはちょうどよい選択である。

Debianはシンプルで分かりやすい構成を特徴としている。フリーソフトウェアにこだわり、50,000以上の豊富なアプリケーションを提供するリポジトリがある。複数のデスクトップ環境をインストールできるが、UbuntuのUnityデスクトップはサポートしていない。

DebianとUbuntuは対照的な性格のディストリビューションだ。Ubuntuが初心者向けなのに対し、Debianは上級者向けと言える。Linuxを始めたてのユーザーにはDebianの使用を直接おすすめはできない。

代わりに、まずUbuntuやLinux Mintを試用し慣れた上で、Debianを含めた他のディストリビューションを段階的に試していく、というのが無難なコースだと思われる。

Fedora

openSUSEやDebianが堅実さを重視しているのに対し、Fedoraは新しい技術をいち早く取り入れることを優先した、自由な性格のディストリビューションである。

Fedoraで導入された新機能の多くは、後にUbuntuや他のLinuxディストリビューションにも展開されている。たとえばUbuntu 16.04では、Ubuntuソフトウェアセンターに替わってGnomeソフトウェアが採用されたが、これはFedoraの影響である。

Fedoraユーザーからすると、ほかのLinuxディストリビューションは単に自分たちの使っているソフトウェアの古いバージョンを使用している感覚に陥る。

Fedoraは長期サポートがないことや信頼性の課題も抱えている。Fedoraユーザーはこうした問題に悩まされやすく、常に何かしらの修理作業をしているような使用感がある。

あわせて読みたい
Fedora Linux An innovative platform for hardware, clouds, and containers, built with love by you.

openSUSE

ほとんどのLinuxディストリビューションは、最新の機能と技術を有するUbuntuやMintのようなディストリビューションと、新機能は少ないが信頼性が高いDebianのようなディストリビューションの2つのカテゴリーに分かれる。

それに対し、openSUSEは両方の要素をカバーしようとしている。OpenSUSE Leapは堅実なシステムである。

コミュニティとSUSEの従業員によってオープンに開発されており、エンタープライズレベルのオペレーティングシステムであるSUSEを開発している。SUSEはロンドン証券取引所などで使用されており、不安定な要素がない使命重要な環境のために設計されている。

openSUSE Tumbleweedは最新機能と時折のクラッシュに見舞われるローリングリリースモデルである。

openSUSEは非常に尊敬されるLinuxディストリビューションで、そのコアの貢献者の多くがLinuxカーネル、LibreOffice、Gnomeなどの重要なLinux分野で働いている。

openSUSE
The makers' choice for sysadmins, developers and desktop users. Discover Tumbleweed and get the newest Linux packages with our rolling release. Fast! Integrated! Stabilized! Tested!. Discover Leap and get the most complete L...

Linuxのインストール

ほとんどのディストリビューションのインストール方法は似ている。ウェブサイトからディスクイメージをダウンロードし、光学ディスクに書き込むか、USBフラッシュドライブのインストーラを作成する。

ただし、ハードウェアに合わせて適切なディストリビューションを選択すること、そして注意深く手順を読むことが重要である。

ここで紹介した異なるディストリビューションのそれぞれのホームページには、ダウンロードとインストールの具体的な手順が記載されている。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次