自作パソコンのトラブルシューティング

慎重にすべての指示に従いパソコンを組み立てれば、問題は起こらずに起動するはずである。しかし、経験豊富な自作パソコン愛好家でも問題に直面することがある。

初心者と経験者の違いは、問題を解決するトラブルシューティング力にある。もし、コンピューターに問題がある場合、おそらく以下のいずれかである可能性が高い。

目次

PCの電源が入らない

初めて電源ボタンを押しても全く反応がない場合、パニックになる前にチェックする事項がある。システムが完全に停止しているように見えても、マザーボードの完全な故障などはまずない。

ほとんどの場合、欠陥のあるマザーボードでも、診断用のLEDが点灯し、ファンが数秒間回ることがある。電力が完全に供給されていないわけではないとわかる。

まったく電力が供給されない場合は、おそらく他の原因が考えられる。

電源が接続されていますか?

愚かな質問のように思えるかもしれない。経験豊富な自作パソコン愛好家でも、この簡単なミスを犯すことはある。接続されている場合は、コンセントのスイッチがオンになっているか、または電源が接続されているだろうか?

電源スイッチ

すべてが正しく接続されているだろうか?

電源装置自体のスイッチがONになっていますか?
電源ケーブルは電源装置のソケットにしっかり挿さっていますか?

古い電源ケーブルを再利用している場合は、ケーブルと接続部分が正常かどうかを確認し、必要に応じて新しいものに交換しよう。

すべての外部電源接続が確認できたら、内部をチェックする。メイン電源とATX12Vコネクター(小さな4ピンまたは8ピンのコネクター)がしっかりと取り付けられていることを確認する。

電源スイッチを確認してください

フロントパネルヘッダーからのケーブルがマザーボードに間違って接続していることがある。

電源スイッチがリセットボタンとして接続されていることがあったり、逆もある。ケーブルがフロントパネルボタンの裏にしっかりと接続されているか確認すること。

マザーボードをチェックしてください。

マザーボード接地の問題があるかもしれない。

ケース内の間違った場所に取り付けられたマザーボードの取り付けナットが、ボードの裏側と接触して接地故障を引き起こすことがある。

マザーボードの下を確認する必要がある場合は、グラフィックカードなどを取り外す必要がある。

別の電源を試す

故障した電源ではシステムの起動ができないのは明らかだ。

WindowsブートCDにはメモリ診断が付属している。DVDから起動して診断を実行すると、メモリが問題の原因であるかどうかが分かる。Windowsのセットアップまたはメモリ診断を読み込むように求められる。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次