自作PC初心者マニュアル

PCI Express 4.0対応SSD

SSD

PCI Express 4.0に対応するSSDが各メーカーからリリースされている。

PCI Express 4.0対応SSDは最速で約5GB/sを記録するくらいのハイパフォーマンスが魅力。その性能の高さゆえに注目はされるが、AMDの最新のマザーボードでなければその力は発揮できない。

PCI Express4.0に対応しているチップセットはX570だけ。X470以下は一応使えるが、実力を十分に出せない。そのためにいまだに人気が高いのはPCI Express3.0に対応するSSDで、Samsung 970 EVO Plusなどがいまだに安定して人気を集めている。

PCI Express 4.0対応のSSDは、各メーカーが販売していて価格も低下傾向にある。マザーボードが4.0に対応していなくても、今後の乗り換えのことまでにPCI Express3.0のSSDを手に入れておくとあとで便利だろう。

NVMe M.2 SSDの価格は従来のSATA SSDよりも高かったが、その価格はさらに安くなっている。低価格モデルが増え、SATAモデルと比べて、値段が変わらないレベルにまで価格が低下した。また、1TB以上の大容量のNVMe SSDまで登場している。最も安いものだと13000円くらいになる。

NVMe SSDは、マザーボードのM.2スロットに直に装着するわけだが、多くても搭載できるのは2つまで。使いにくいのがデメリット。比べてSATA型はNVMeよりも多く搭載できるため拡張は容易。NVMe SSDの使い勝手の悪さが出てきたのかもしれない。



サムスン SSD 1TB 970 EVO Plus M.2 Type2280 PCIe3.0×4 NVMe1.3 (MZ-V7S1T0BW) [並行輸入品]


PCI Express3.0対応で最も人気が高いと言われている。PCI Express4.0対応のSSDに比べると少し遅くはなるが、ゲームのロード時間やアプリの起動時間が短くなる。その上に長時間使用した場合の安定感も抜群。全体的に高いバランスでまとまっているSSDでいまだに人気である。他のSSDに比べて価格が少し高くなるのがネック。




CFD販売 内蔵SSD M.2 2280 NVMe PCI-E Gen.4 x 4(NVMe 1.3) PG3VNFシリーズ 1TB CSSD-M2B1TPG3VNF


PCI Express4.0 SSDはヒートシンクを備えているのが一般的だが、このM2B1TPG3VNFはヒートシンクのないモデル。Samsung 970 EVO Plusに比べても価格が同等か、それ以下と高コスパを実現している。




Crucial SSD M.2 1000GB P1シリーズ Type2280 PCIe3.0x4 NVMe 5年保証 正規代理店保証品 CT1000P1SSD8JP


PCI Express3.0に対応した低価格SSD。1TBの大容量で13000円と格安。




Corsair NVMe Gen4 PCIe M.2 SSD 1TB Force MP600 series Type2280 HD2593 CSSD-F1000GBMP600


PCI Express4.0対応。大きなヒートシンクが付属している。小型パソコンに搭載するには注意が必要。




GIGABYTE ギガバイト AORUS NVMe Gen4 PCIe M.2 SSD 2TB HD2595GP-ASM2NE6200TTTD


PCI Express4.0に対応しているGIGABYTE製のSSD。銅製ヒートシンクが派手。




ORICO USB-C NVME M.2 SSDケース M-Key/B&M Key(Nvmeのみ)に対応 USB 3.1 Gen2 10Gbps 外付けケース UASPサポート 2230/2242/2260/2280 SSD対応 M.2 SSD 変換アダプタ エンクロージャ ケース グレー PCM2-GY


現在使用中のSSDから新しいSSDに乗り換える際には、新SSDをケースに入れてパソコンと接続する必要がある。EaseUS Todo Backup FreeAOMEI Backupper Standardのようなクローンソフトを使って新しいSSDを複製。そして後はパソコンを分解してSSDを交換して取り付ければOK。クローンSSDを使った際に使ったケースは他のパソコンで使ってもいいし、持ち運び用フラッシュメモリとしても使える。


最新情報をチェックしよう!