自作パソコンを作る際のイメージ

「どんなパソコンを作ろうかな…」

パソコンを自作する際、自分の利用目的に合ったパソコンのイメージを持つことが重要。あらかじめ計画を立てておかなければ、購入した部品が組み立てできずに困窮する事態に陥るのは明白だ。

予算には限りがあるため、性能とコストのバランスを考えた上で、ゲーム専用機か、汎用性の高いマシンかなど、自作PCのタイプを事前に決定しておく必要がある。

目次

性能を重視する

性能を重視する場合、マザーボードの規格を選択する必要がある。これをフォームファクタと呼ぶ。スロット数が多いほど、拡張性に富む。

代表的なフォームファクタと大きさは以下の通りだ。

  • ExtendedATX 約31×34cm
  • ATX 約25×31cm
  • microATX 約25×25cm
  • Mini-ITX 約17×17cm

ATX・microATX・Mini-ITXが一般的である。これらはマザーボードとケースの大きさを左右するため、性能重視で大型になると、PCの置き場を取られることが難点である。

また、高性能パーツでは消費電力が高くつくことがある。一方で、ATXケースならmicroATXやMini-ITXマザーを搭載でき、コスト削減につながる。

ただし、マザーボードのサイズをmicroATXやMini-ITXと小型にすると、拡張スロットが少なくなるといった制限が出てくることに注意が必要である。性能面でのメリット・デメリットを見極めることが大切である。

性能とコストを両立する

性能重視の自作PCは、パーツのスペックが高くなる分、総コストが比較的高額になりやすい。予算に余裕がある場合に適している。

性能とコストのバランスを両立させるのであれば、拡張性に一定の余裕がありつつ、総額10万~20万円程度で収まる構成が目安になる。これは初心者にも扱いやすい範囲である。

安さ第一 → 処理能力が低くなる

コストを最優先し安価なパーツを選ぶなら、3万円程度で自作PCを構築できる。消費電力も抑えられるため、省エネ性能が高いというメリットがある。

一方で、画像・動画編集や3Dゲームなどの高負荷処理には向かず、ストレスを感じる場面も出てくるだろう。インターネット閲覧や文書作成・表計算といった軽作業なら許容できる範囲だ。

使用目的が明確なら別PCとして使い分け可能であるし、セカンドマシンとしての利用価値もある。性能面の限界を理解した上で判断する必要がある。

デザイン・省スペース性を重視

デザイン性や省スペースを重視する場合、おしゃれでコンパクトなマシンを作れるメリットがある。

簡単組み立てのベアボーンPCや、キューブ型などデザインにこだわった製品もある。マザーボードは拡張性の犠牲を払ってでも小型のMini-ITXを選ぶことになる。

反面、ケース内の空間が狭くなるためにケース内温度が上昇しやすく、ファンの音が気になったり、選択するパーツに制限が多くなり、組み立て難易度が高くなるなどのデメリットもあることに留意すべきである。

まとめ

自作PCを構築するにあたって、性能重視か、コスト重視か、といったマシンのタイプをある程度決めておかないと、購入した部品が合わないといった事態にも陥りかねない。

使用目的に応じて要求スペックを設定し、総予算の範囲内でバランスよくパーツ選びを行うことが肝要だ。事前に綿密な計画を立てておくことで、望み通りの自作PCを完成させることができる。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次