自作PC初心者マニュアル
NO IMAGE

intel Core i9 10850K BOXが発売

  • 2021年1月10日
  • 2021年2月22日
  • CPU
  • intel
  • 7View
CPU NO IMAGE

intelの新CPU、Core i9 10850K BOXが発売されました。パソコンをこれから組む方にはおすすめのCPUです。

Core i9 10850K

10850K
▲10850K

性能はは高く、動画編集などの負荷の大きい用途など、個人の常識レベルの使用ならばほとんどの用途に対応できます。

Core i9 10850K BOXはCore i9 10900Kの廉価版との位置づけになっています。
Core i9 10900Kより1万円ほど安くなってはいますが、Amazonではほぼ同じかCore i9 10900Kのほうが安い状態。

新CPUでは、クロック周波数と価格UPが常識だったが、クロック周波数と価格と下げたものをわざわざ新発売するのは珍しいです。

10900K
▲10900K

10900Kの不安定感が目立っていたものと推測されます。クロック周波数3.6GHzと10900Kよりわずかに低いです。

10900Kの不安定さをクロック周波数を落として安定させたものと思われます。

10900Kの廉価版低品質版という者もいます。

オーバークロック可能だが、OCさせず定格運用したい自作PCユーザーに最適。
最高速度より平常時の速度が高いレベルで、かつ運用が安定していることのほうが大事でしょう。

メモリは、DDR4-2933。従来のDDR4-2666ではありません。
ソケットはLGA1200で従来のLGA1151のマザーボードは使えない。

機能の差は下の表で示した通りで大差なく、差のある機能は個人ユーザーではなくても問題ありません。

グラフィックスは、Intel UHD Graphics 630搭載。グラボなしでも描画はできます。

TDP 125Wと発熱が大きいのでケースの熱対策と大きめのCPUクーラーは必須。消費電力の大きいグラボでは動作が不安定になるかもしれないので、グラボのTDPと電源の容量にも注意です。

10850K と10900Kの比較

 

 Core i9 10850KCore i9 10900K
開発コード名Comet LakeComet Lake
世代第10世代第10世代
ソケット形状 LGA1200LGA1200
コア数10 コア10 コア
TDP 125 W125 W
クロック周波数3.6GHz3.70 GHz
最大動作クロック周波数5.2 GHz5.3 GHz
スレッド数2020
マルチスレッド
三次キャッシュ20 MB20 MB
二次キャッシュ  
グラフィックスインテル UHD グラフィックス 630インテル UHD グラフィックス 630
メモリ種別:DDR4-2933DDR4-2933
最大メモリ容量128 GB128 GB
ソケットLGA 1200LGA 1200
インテル vPro プラットフォームの認定基準
インテル® ステーブル・イメージ・ プラットフォーム・プログラム (SIPP)
インテル トラステッド・エグゼキューション・テクノロジー
希望カスタマー価格$453 – $464 (4,7万〜4.8万円)$488 – $499(5.0〜5.1万円)

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!