SSDとHDD、どちらを選ぶべき?初心者向け比較ガイド

※ 本ページのリンク・画像にはプロモーションが含まれることがあります。ご容赦下さい

パソコンの記憶装置として長年使われてきたHDD(ハードディスクドライブ)に加え、近年はSSD(ソリッドステートドライブ)が主流となっている。

両者には特徴的な違いがあり、用途や予算に応じて選択する必要がある。SSDとHDDの基本的な違いを解説し、それぞれの長所短所を比較していく。

目次

SSDとHDDの概要

コンピューターの心臓部とも言えるストレージ。その選択は、システム全体の性能と使用体験に大きな影響を与える。新しくパソコンを購入する予定の人や、既存のシステムをアップグレードしようと考えている人にとっては意外と重要だ。

SSDとHDDは、どちらもデータを保存するためのデバイスだが、その仕組みと特性は大きく異なる。HDDは、磁気ディスクを高速回転させ、そこにデータを記録する機械的な装置だ。一方、SSDは半導体メモリを使用し、電気的にデータを記録する。この基本的な違いが、性能、耐久性、消費電力、価格など、様々な面での差異を生み出している。

HDDは長年にわたり使用されてきた技術で、大容量のデータを比較的安価に保存できる。しかし、機械的な動作を伴うため、データの読み書き速度に限界があり、衝撃にも弱い。対してSSDは、機械的な動作部分がないため高速で静音、また耐衝撃性に優れている。ただし、容量あたりの価格はHDDより高くなる傾向にある。

SSDとHDDの基本

SSD(Solid State Drive)とHDD(Hard Disk Drive)は、コンピュータのデータ保存装置として広く使用されている。両者には明確な技術的違いがあり、それぞれの特性を理解することが重要だ。

SSDの定義と仕組み

SSDは、フラッシュメモリを使用した記憶装置である。データの読み書きを電気的に行い、可動部品を持たない。このため、高速なデータアクセスが可能で、静音性に優れている。内部には複数のNANDフラッシュメモリチップが搭載され、コントローラーがデータの読み書きを管理する。

HDDの定義と仕組み

HDDは、磁気ディスクを用いた機械的な記憶装置だ。回転する磁気ディスク(プラッター)と、それを読み書きするヘッドから構成される。データは磁気的に記録され、ディスクの回転とヘッドの移動によってアクセスする。長年の技術改良により、大容量化と低コスト化が進んでいる。

両者の技術的な違い

SSDとHDDの最大の違いは、データの読み書き方法にある。SSDは電気的に処理を行うため、HDDより高速だが、容量あたりのコストが高い。一方、HDDは機械的な動作を伴うため、SSDより遅いが、大容量のデータを比較的安価に保存できる。

SSDは可動部品がないため耐衝撃性に優れ、消費電力も少ない。HDDは可動部品があるため、衝撃に弱く、消費電力も多いが、長期保存性に優れている。

高速性と耐久性が重要な場合はSSD、大容量が必要で予算に制限がある場合はHDDが適している。起動ディスクにするならSSDが当然の選択かつ合理的な選択になる。

SSDをOSのインストール先として使用すると、システムの起動時間が大幅に短縮される。従来のHDDと比べて、起動時間は数十秒に短縮されることも珍しくない。OSだけでなく、頻繁に使用するアプリケーションもSSDに保存することで、それらの起動時間も大幅に短縮される。SSDの高速なランダムアクセス性能により、OSの操作感が格段に向上する。ファイルの検索やアプリケーションの切り替えなど、日常的な操作がスムーズだ。

ノートPCなど持ち運びの多いデバイスでは、SSDの耐衝撃性が大きな利点となる。HDDのような機械的な部品がないため、落下や振動によるデータ損失のリスクが低減される。SSDには可動部品がないため、完全に無音で動作する。これは、静かな環境での作業や、音声録音を行う場合にはメリットだ。SSDはHDDと比べ消費電力が少ない。これは特にノートPCにおいて、バッテリー寿命の延長につながる。長期的な使用においても、SSDはHDDよりも高い信頼性を示す傾向がある。機械的な摩耗がないため、経年劣化による性能低下が少ない。

というわけで にはSSDを選択するのは当然と帰結となる。

  • 高速起動
  • アプリケーションの高速起動
  • システム全体の応答性向上
  • 耐衝撃性
  • 静音性
  • 省電力性

SSDを起動ディスクとして選択する際は容量選択が重要だ。最低でも256GB、理想的には512GB以上の容量を持つSSDを選ぶことで、OSとよく使うアプリケーション、そして作業中のファイルを快適に扱える環境が整う。大容量のデータ保存が必要な場合は、SSDを起動ディスクとし、別途大容量HDDをデータ保存用として併用するデュアルドライブ構成でも良い。システムの高速性と大容量ストレージの両立が可能となる。外付けHDDとして使用するときだけ接続するのでも構わない。

性能比較

SSDとHDDの性能差は、日常的なコンピューター使用において顕著に現れる。主要な性能指標である読み書き速度、起動時間、アプリケーションの読み込み速度、そしてランダムアクセス性能について、両者を比較する。

読み書き速度

SSDは、HDDと比較して圧倒的に高速な読み書き速度を誇る。一般的なSATAインターフェースを使用したSSDの場合、連続読み取り速度は500MB/s以上、書き込み速度は450MB/s以上に達する。一方、HDDの読み書き速度は通常100-150MB/s程度だ。さらに、NVMe(Non-Volatile Memory Express)技術を採用した最新のSSDでは、3000MB/s以上の速度を実現している。この速度差は、大容量ファイルの転送や、大規模なデータ処理を行う際に特に顕著となる。

起動時間とアプリケーションの読み込み速度

SSDを搭載したコンピューターは、HDDと比べて著しく短い起動時間を実現する。一般的に、SSD搭載のシステムは10-15秒程度で起動するのに対し、HDD搭載のシステムは30秒以上かかることがある。また、アプリケーションの起動においても、SSDは大きなアドバンテージを持つ。例えば、大規模な画像編集ソフトウェアや3Dモデリングツールなどの起動時間が、HDDの場合の半分以下になることも珍しくない。

ランダムアクセス性能

ランダムアクセス性能は、ディスク上の不連続なデータにアクセスする速度を示す。この点でSSDは圧倒的に優位だ。SSDのランダムアクセス時間は0.1ミリ秒以下であるのに対し、HDDは通常5-10ミリ秒程度かかる。この差は、多数の小さなファイルを扱う作業や、データベース操作などで特に重要となる。ファイルの断片化による性能低下も、SSDではほとんど問題にならない。

これらの性能差は、特に高負荷な作業や、頻繁なデータアクセスが必要な環境で重要となる。ゲーミング、動画編集、大規模データ分析などの分野では、SSDの高性能さが作業効率を大幅に向上させる。ただし、単純なデータ保存や、アクセス頻度の低いバックアップ用途では、HDDの大容量・低コストという特性が依然として有利に働く場合がある。

耐久性と信頼性

SSDとHDDの耐久性と信頼性は、ユーザーの長期的な使用体験に大きな影響を与える。両者の特性を衝撃や振動への耐性、寿命と故障率、そしてデータの保持性の観点から比較する。

衝撃や振動への耐性

SSDは可動部品を持たない構造のため、衝撃や振動に対して非常に強い。通常の使用環境では、落下や振動によるデータ損失のリスクは極めて低い。一方、HDDは回転する磁気ディスクとそれを読み書きするヘッドを内蔵しているため、物理的な衝撃に弱い。特に動作中の衝撃は、ヘッドクラッシュと呼ばれる深刻な障害を引き起こす可能性がある。このため、ノートパソコンや携帯型外付けストレージには、SSDがより適している。

寿命と故障率

SSDの寿命は主に書き込み回数によって決まる。NAND型フラッシュメモリには書き換え回数の限界があり、これをTBW(Total Bytes Written)で表す。一般的な消費者向けSSDのTBWは、容量1TBあたり300-600TB程度だ。日常的な使用では、5-10年以上の寿命が期待できる。HDDの寿命は主に機械的な摩耗によって決まり、通常3-5年程度とされる。ただし、使用環境や負荷によって大きく変動する。

故障率に関しては、初期不良を除けば、SSDのほうがHDDより低い傾向にある。これは、SSDが機械的な部品を持たないためだ。ただし、SSDも経年劣化による性能低下や突然の故障が起こり得るため、定期的なバックアップは必要不可欠である。

データの保持性

電源を切った状態でのデータ保持能力は、HDDのほうが優れている。HDDは磁気記録方式を採用しているため、長期間電源を切っても比較的安定してデータを保持できる。一方、SSDは電荷の漏れによってデータが徐々に失われる可能性がある。ただし、最新のSSD技術では、室温で1年以上データを保持できるものも多い。

また、データの復旧のしやすさという点では、HDDのほうが有利だ。HDDは物理的な損傷がなければ、専門的な技術によってデータ復旧が可能な場合が多い。SSDは暗号化やウェアレベリング(書き込み回数の平均化)技術のため、データ復旧が困難な場合がある。

日常的な使用においてはSSDのほうが信頼性が高いと言えるが、長期保存や重要データの保管には、HDDやテープドライブなどの従来型メディアも依然として有効な選択肢である。定期的なバックアップと適切な取り扱いが、データの安全性を確保する上で最も重要だ。

容量とコスト

SSDとHDDの選択において、容量とコストは重要な判断基準となる。両者の特性を容量あたりの価格、大容量モデルの利用可能性、そして長期的なコスト効率の観点から比較する。

容量あたりの価格比較

HDDは依然としてSSDよりも容量あたりの価格が安い。SSDの価格は徐々に下がってきているが、最近の大きな価格低下は2023年から2024年にかけて起こり、1TB〜2TBモデルは従来の半額程度かそれ以上まで下落した。1TBのSSDで10,000円を切るものも現れたので手に入れやすくなった。

2024年現在、1TBのHDDは約4,000円から購入できるのに対し、同容量のSSDは約8,000円程度からとなる。この価格差は容量が大きくなるほど顕著になり、4TB以上の大容量モデルではHDDが圧倒的に優位だ。ただし、SSDの価格は年々低下傾向にあり、特に2TB以下の容量帯では両者の価格差が縮小している。

価格は一般消費者向けの製品の平均値を想定している。

容量SSD(円)HDD(円)
512GB5,0003,500
1TB8,0005,000
2TB15,0007,000
4TB30,00010,000
6TB15,000
8TB200,00020,000

この表から、容量が大きくなるほどHDDとSSDの価格差が広がることが分かる。SSD4TBモデルは30,000円台で買えるが、4TBを超える大容量モデルになると一気に高くなる。HDDが依然としてコスト面で大きな優位性を持っている。

大容量モデルの利用可能性

HDDは現在、一般消費者向けに最大20TBまでの製品が販売されている。一方、SSDの大容量モデルは技術的制約とコストの問題から、一般向けでは8TB程度が上限となっている。大量のデータを保存する必要がある場合、HDDの方が選択肢が豊富で、コストパフォーマンスに優れている。ただし、企業向けや特殊用途では、より大容量のSSDも存在する。

長期的なコスト効率

初期投資だけでなく、長期的な運用コストを考慮する必要がある。SSDは消費電力が低く、発熱も少ないため、電気代の節約につながる。また、耐久性が高いため、交換頻度が低くなる可能性がある。HDDは初期コストは低いが、消費電力が高く、機械的な故障のリスクもあるため、長期的には追加コストが発生する可能性がある。

さらに、性能面での優位性を考慮すると、SSDによる作業効率の向上が時間的・経済的な節約につながる場合がある。例えば、ビデオ編集やデータ解析などの高負荷作業では、SSDの高速性能が作業時間の短縮に直結し、結果的にコスト削減効果をもたらす。

用途に応じた選択が重要で、大容量のデータ保存が主目的なら、HDDが依然として優れた選択肢である。一方、システムドライブや頻繁にアクセスするデータには、パフォーマンスの高さを考慮してSSDを選択するのが賢明だ。多くのユーザーにとって、SSDとHDDを併用するハイブリッドな構成が、コストと性能のバランスを取る上で理想的な解決策となっている。

消費電力と発熱

SSDとHDDの消費電力と発熱特性は、デバイスの効率性と使用体験に大きく影響する。両者の特性を電力効率、ノートPCのバッテリー寿命への影響、そして静音性の観点から比較する。

電力効率の比較

SSDは電子的にデータを保存・読み取りするため、HDDと比べて消費電力が大幅に少ない。典型的なSSDの消費電力は、アイドル状態で0.05W〜0.1W、活動時で2W〜3W程度だ。一方、HDDはアイドル状態で1W〜2W、活動時で5W〜7W程度の電力を消費する。この差は、特に大規模なデータセンターやサーバー環境で顕著となり、電力コストの削減に直結する。

ノートPCでのバッテリー寿命への影響

SSDの低消費電力特性は、ノートPCのバッテリー寿命延長に貢献する。SSD搭載のノートPCは、同等のHDD搭載モデルと比較して、30分から1時間程度バッテリー駆動時間が長くなる傾向がある。この差は、長時間のモバイル作業や、頻繁な外出を伴う業務において特に重要となる。また、SSDは起動や読み書き操作が高速なため、実作業時間の延長にもつながる。

静音性の違い

SSDには可動部品がないため、動作時にほぼ無音だ。一方、HDDは磁気ディスクの回転とヘッドの移動に伴う機械音が発生する。HDDの動作音は通常20〜30デシベル程度で、静かな部屋では明確に聞こえる。この静音性の違いは、深夜の作業や静寂が求められる環境(図書館、録音スタジオなど)で特に重要となる。

発熱に関しても、SSDはHDDより有利だ。SSDの発熱量は一般的に2〜3度程度だが、HDDは10度以上の温度上昇を示すことがある。この差は、デバイス全体の冷却効率に影響し、薄型ノートPCやファンレスデザインの機器で重要となる。

SSDの低発熱・低消費電力特性は、機器の長寿命化にも寄与する。発熱が少ないことで、他のコンポーネントへの熱ストレスが軽減され、システム全体の信頼性向上につながる。

ただし、高性能なNVMe SSDは、従来のSATAタイプのSSDよりも消費電力が高く10度以上高温になる傾向にある。持続的な高負荷作業時には、適切な冷却対策が必要となる場合もある。

消費電力、発熱、静音性の観点からは、SSDがHDDより優れた特性を持つ。この利点は、モバイルデバイスや静音性が求められる環境で特に顕著となり、ユーザーの作業効率と快適性の向上に貢献する。

7. 用途別おすすめ

SSDとHDDの選択は、使用目的によって大きく異なりどちらか二者択一というわけではない。

ここでは、一般的な家庭用途、ゲーミング、クリエイティブ作業、そしてサーバーやNAS(Network Attached Storage)用途に分けて、最適な選択肢を探る。

一般的な家庭用途

日常的なウェブブラウジング、オフィス作業、メディア視聴などの一般的な家庭用途では、SSDが推奨される。システムドライブにSSDを使用することで、OSの起動やアプリケーションの読み込みが高速化され、全体的な操作感が向上する。

256GBから1TBのSSDをシステムドライブとし、大容量のHDDをデータ保存用として併用する構成が、コスト的に優れている。この組み合わせにより、高速な日常操作と大容量のデータ保存を両立できる。

ゲーミング用途

ゲーミングPCにはSSDが不可欠だ。ゲームの起動時間やマップのロード時間が大幅に短縮され、ゲーム体験が向上する。特に、オープンワールドゲームやMMORPG(Massively Multiplayer Online Role-Playing Game)などの大規模なゲームでは、SSDの恩恵が顕著に現れる。1TBから2TBのNVMe SSDを主要ゲームのインストール先として使用し、HDDをバックアップや低頻度アクセスのゲーム保存用として併用するのが理想的だ。

クリエイティブ作業(動画編集など)

動画編集、3DCG制作、音楽制作などのクリエイティブ作業では、高速なデータアクセスが重要となる。大容量の高速NVMe SSD(2TB以上)をメインドライブとして使用し、作業中のプロジェクトファイルを格納する。完成したプロジェクトや素材ファイルの長期保存には大容量HDDを活用する。この構成により、作業中の高速なファイルアクセスと、大量のデータ保存を両立できる。

サーバーやNAS用途

サーバーやNASの用途は多岐にわたるため、要求に応じて適切な選択が必要だ。高トラフィックのウェブサーバーやデータベースサーバーには、耐久性の高いエンタープライズ向けSSDが適している。一方、大容量のファイルストレージやバックアップ用途には、コスト効率の高いHDDが依然として主流だ。

多くの場合、SSDとHDDを組み合わせたハイブリッド構成が採用される。例えば、OSやデータベースをSSDに配置し、大容量のデータ保存にはHDDを使用する。NASの場合、キャッシュドライブとしてSSDを採用し、メインストレージにHDDを使用する構成も一般的だ。

各用途に応じてドライブを選択することで、システムの性能を最大化しつつコストを最適化できるが、技術の進歩は速く、SSDの大容量化と価格低下が進んでいるため、将来どうなるのはわからない。

ハイブリッドドライブとデュアルドライブシステム

SSDとHDDの長所を組み合わせた解決策として、ハイブリッドドライブとデュアルドライブシステムが存在する。これらのシステムは、性能と容量のバランスを取りつつ、コスト効率を高めることを目的としている。

SSHDの利点

SSHD(Solid State Hybrid Drive)は、従来のHDDに小容量のSSDキャッシュを組み込んだハイブリッドドライブだ。通常、8GBから32GB程度のNANDフラッシュメモリを搭載し、頻繁にアクセスするデータをこのキャッシュに保存する。SSHDの主な利点は以下の通りだ。

  1. 純粋なSSDより安価で、大容量を確保できる。
  2. 頻繁にアクセスするデータの読み書きが高速化される。
  3. 従来のHDDと同じインターフェースを使用するため、特別な設定不要で導入できる。
  4. HDDよりも省電力で、ノートPCのバッテリー寿命延長に貢献する。

ただし、SSHDは純粋なSSDほどの高速性は得られず、キャッシュの管理も自動的に行われるため、ユーザーが直接制御することは難しい。

SSDとHDDを併用するシステムの利点

デュアルドライブシステムは、別々のSSDとHDDを組み合わせて使用する方法だ。SSDをシステムドライブとして使用し、大容量のHDDをデータストレージとして利用する。この構成の主な利点は

  1. OSやアプリケーションの高速起動と、大容量データの保存を同時に実現する。
  2. 高価なSSDの容量を必要最小限に抑えつつ、安価なHDDで大容量を確保できる。
  3. 用途に応じて、SSDとHDDの容量や性能を個別に選択できる。
  4. システムファイルとユーザーデータを物理的に分離できるため、バックアップや復元が容易になる。

デュアルドライブシステムの導入には、若干の技術的知識が必要だ。OSやアプリケーションをSSDにインストールし、ドキュメントやメディアファイルをHDDに保存するよう設定する必要がある。最新のマザーボードやノートPCでは、M.2 SSDとSATA HDDの組み合わせが一般的になっている。

両システムとも、SSDとHDDのそれぞれの長所を活かしつつ、短所を補完する解決策だ。SSHDは簡便さを重視するユーザーに、デュアルドライブシステムはより高度な制御と性能を求めるユーザーに適している。

選択の基準

SSDとHDDの選択は、個々のユーザーのニーズや環境に大きく依存する。適切な選択をするためには、予算、必要容量、そしてパフォーマンスニーズを慎重に評価する必要がある。

予算に応じた選び方

予算は多くの場合、選択の最大の制約要因となる。限られた予算内で最適な選択をするためには、以下のポイントを考慮する:

  1. 低予算の場合: 小容量のSSD(128GB〜256GB)をシステムドライブとし、大容量のHDDをデータドライブとして併用する。
  2. 中程度の予算: 512GB〜1TBのSSDを単独で使用するか、より大容量のSSDとHDDの組み合わせを検討する。
  3. 高予算: 2TB以上の大容量SSDや、高性能NVMe SSDの導入を考える。

必要な容量の見極め方

必要容量の見積もりは、現在の使用状況と将来の拡張性を考慮して行う。

  1. 既存のドライブの使用状況を分析し、ベースラインとする。
  2. 大容量のメディアファイル(動画、高解像度写真)を多く扱う場合は、より大きな容量が必要となる。
  3. 今後2〜3年の間に必要となる可能性のある追加容量を見積もる。
  4. 推定容量の20〜30%増しの容量を選択し、将来の不測の需要に備える。

パフォーマンスニーズの評価

ユーザーの作業内容や頻度によって、必要なパフォーマンスレベルは大きく異なる。

  1. ウェブブラウジング、オフィス作業などの一般的な使用なら、SATA SSDで十分なパフォーマンスが得られる。
  2. 動画編集、3D レンダリング、大規模データ分析などを行う場合は、NVMe SSDの高速性能が威力を発揮する。
  3. 最新のゲームタイトルをプレイする場合、読み込み速度の速いSSDが推奨される。
  4. 高い読み書き性能と耐久性が求められるサーバー用途では、エンタープライズ級のSSDが適している。

例えば、一般ユーザーなら、512GB〜1TBのNVMe SSDをシステムドライブとし、2〜4TBのHDDをデータドライブとして併用する構成が理想的だ。一方、クリエイティブプロフェッショナルなら、1〜2TBの高性能NVMe SSDを主要作業ドライブとし、大容量HDDをアーカイブ用として使用する構成が効果的である。

最終的な選択は、自身の優先事項(速度、容量、コスト)に基づいて行う。SSDの価格は年々低下しているため、SSDを選択する割合が増えてくるだろう。

最新のトレンドと将来の展望

ストレージ技術は急速に進化しており、SSDとHDDの両分野で新たな技術が台頭している。これらの最新トレンドと将来の展望を理解することで、より賢明な選択が可能となる。

NVMe SSDの台頭

NVMe(Non-Volatile Memory Express)SSDは、従来のSATA SSDを大きく凌駕する性能を誇る。PCIeインターフェースを使用し、理論上の最大転送速度は32Gbps(PCIe 4.0 x4)に達する。主な特徴と利点は以下の通りだ。

  1. 超高速データ転送: 読み取り速度は7000MB/s以上、書き込み速度は5000MB/s以上に達する製品も存在する。
  2. 低レイテンシ: データアクセスの遅延が極めて短い。
  3. 省電力性: 高速データ転送により、処理時間が短縮され、結果的に消費電力が低減する。
  4. コンパクトなフォームファクター: M.2規格により、極めてコンパクトな実装が可能。

NVMe SSDは、高性能コンピューティング、AI/機械学習、大規模データ分析などの分野で特に重要性を増している。

HDD技術の進化(SMR、HAMR)

HDDも技術革新により、さらなる大容量化と高速化を実現している。

  1. SMR(Shingled Magnetic Recording): データトラックを重ね合わせて記録する技術。容量を増やせるが、書き込み速度に影響がある。
  2. HAMR(Heat-Assisted Magnetic Recording): レーザーで磁性体を加熱しながら書き込む技術。従来より小さな磁区で安定した記録が可能となり、大容量化に貢献する。
  3. MAMR(Microwave-Assisted Magnetic Recording): マイクロ波を利用して磁性体の磁化を制御する技術。HAMRと同様に大容量化を目指す。

これらの技術により、30TB以上の超大容量HDDの実現が見込まれている。

将来的な価格傾向の予測

ストレージ市場の価格動向は、以下のように予測される。

  1. 製造技術の向上と需要の増加により、SSDの価格は引き続き低下傾向にある。特に、1TB未満の容量帯での価格競争が激化すると予想される。
  2. 4TB以上の大容量SSDが、よりリーズナブルな価格で提供されるようになり、大容量SSDが常識となる。
  3. 大容量モデルを中心に、HDDの価格は比較的安定して推移すると予想される。ただし、新技術の導入初期には一時的な価格上昇もあり得る。
  4. データセンターやクラウドサービスの拡大に伴い、高性能・高耐久性のエンタープライズSSDの需要が増加し、この分野での技術革新と価格競争が加速する。

高性能で大容量のストレージが、より手頃な価格で入手可能になる可能性が高い。新技術の導入や地政学的要因による短期的な価格変動もあるだろう。SSDがますます主流となり、HDDは大容量データストレージの領域に特化していくと予想される。

結論

一般的な用途では、SSDを選択する。高速な起動時間やアプリケーションの読み込み、静音性、耐衝撃性などの利点が、多少高価な点を補って余りある。今どき中古ノートパソコンですらSSDだ。一度慣れたらHDDにはもう戻れない。大容量のデータ保存が必要な場合や、コストを抑えたい場合はHDDも選択肢となる。

HDDは大容量を安価に提供できるが、速度面で劣る一方、SSDは高速で信頼性が高いが、容量あたりのコストが高い、とは言われていたが、低価格化が進み、すでに1TBのM.2 SSDが1万円を切っている。

用途や予算に合わせて、より快適なパソコン環境を構築できる。技術の進歩により、今後も選択肢が増えることが予想されるため、最新の情報にも注目していこう。

読んでくれた方は応援クリックをポチッとお願いします!
自作PCランキング
自作PCランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次