自作PC初心者マニュアル
格安スマホ

格安SIMに迷ったらOCN モバイル ONE

SIM 格安スマホ

格安SIMを選ぶ際には、どのMVNOを選ぶのか事前に決めておく必要がある。迷ったらOCN モバイル ONEか、UQ mobileがおすすめ。

どちらとも安く安定して使える。はっきり言って、この二つのMVNOでほとんど困ることはない。

「大手キャリアの安心感って一体何だよ」

そんな気持ちにすらなってくる。UQ mobileにはドコモとの相性が悪く、癖が強くて端末に合いにくい問題はある。

ここではOCN モバイル ONEのプランの基本的な内容を見ていく。

通常のコース(月単位)

自分の使う容量ごとにコースを決めることができる。日割りのコースもある。

格安SIMに申し込む前には、毎月どの程度のデータ量を消費しているのかを確認しておくべき。「あまり使っていないよ」という方は3GBで十分である。

容量が足りなくなったら、コースを違約金もなく変更することができる。使わなかった容量は翌月に繰り越される。たまにしか使わない人でもお得に使える。

3GB/月コース1,188円
6GB/月コース1,566円
10GB/月コース2,484円
20GB/月コース4,482円
30GB/月コース6,534円

(注)消費税8%込みの料金
https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/charge.html

日単位コース

上に紹介したのは月単位のコースだが、日単位コースがある。日割りのコースがあるのはOCNだけだろう。

OCN モバイル ONEは、容量によって多くのコースが用意されているのが特徴。迷ったら110MB/日コースでいいだろう。

110MB/日コース(約3.3GB/月)972円
170MB/日コース(約5.1GB/月)1,490円

3つのかけ放題

ベーシックプラン756円
「10分かけ放題」プラン1,674円
「トップ3かけ放題」プラン1,674円
「かけ放題ダブル」プラン2,160円

格安SIMの割にはかけ放題プランも用意されている。約1000円プラスすればかけ放題プランで電話がかけられる。

MVNOでもかけ放題プランがついてくるのが常識になるだろう。格安SIMのデメリットは電話代が高くつくことと言われていたが、OCN モバイル ONEならそんなこともない。気軽に通話を使いたいなら「10分かけ放題」プランがおすすめだ。

初期費用は少しだけかかる。

◆初期費用

初期手数料3,240円
SIMカード手配料425円

支払い方法

OCN モバイル ONEは基本はクレジットカード支払い。

クレジットカードを持っていない人にも選択肢はある。電話から申し込めば口座振替でも利用できる。

その際には、書類が送られてくるので口座情報を記入して返送する。MNPの期限切れにならないように、MNPをする前に連絡をすること。支払いの準備ができるまで、コンビニなどで請求書で支払うことになる。

引用
OCN モバイル ONEの利用料金のお支払はクレジットカードによるお支払いのみとなります。クレジットカードをお持ちでないお客様は、カスタマーズフロント「0120-506506」(10:00~19:00、日曜・祝日・年末年始は除く)へご相談下さい。
https://support.ntt.com/mobile-one/faq/detail/pid2300000eg8

口座振替の支払いができないと書かれているサイトもあるが、そんなことはない。申し込まれると困るのだろうか。

ドコモからの乗り換えが楽

ドコモからUQ mobileに変更する場合には実は大きな問題がある。それが相性問題だ。

ドコモの端末だと、SIMロックを解除しても、端末自体がUQ mobileの電波を掴むことができない。

SIMカードの相性が悪く使えないことがよくある。何も調べないで急にドコモからUQ mobileに乗り換えようとして、契約したのに使えませんでした、ということにもなりかねない。

SIMフリーのスマホでもUQ mobileのSIMカードが反応しないという話はよくある。2019年の夏頃、UQ mobileのVoLTE SIMがSIMフリーのスマホに反応しているというので驚かれているくらいだ。

その点、OCN モバイル ONEはドコモ系列のMVNOなのでドコモユーザーならスムーズに乗り換えられる。

格安スマホ
最新情報をチェックしよう!