自作PC初心者マニュアル

自作パソコン組み立ての大まかな流れ

自作パソコンを組み立てる流れをみていきます。すべてを暗記する必要はありません。だいたいの流れをつかんでおけばいいでしょう。

作るパソコンによって順序が変更になることがありますのでパーツに付属しているマニュアルをよくお読みください。

準備しておいたほうがいいアイテム

パソコンの組み立てに便利なアイテムは準備しておきましょう。すべて使うわけではありません。必要があった時にその都度買い求めたほうがお得です。

  • プラスドライバー
  • マイナスドライバー
  • ボックスレンチ(4.5mm)
  • インチネジ
  • ミリネジ
  • スペーサー
  • ファン用ネジ

プラスドライバー1本あればほぼ十分。ネジ類はケースに付属されていることが多い。ネジ類はパソコンショップで購入できる。

スペーサーの着脱はボックスレンチがあると便利。intel製CPUクーラーの取り外しやドライブのベゼル交換の場合マイナスドライバーが必要になることがある。

CPUをマザーボードに取り付ける

マザーボードにあるCPUソケットにCPUを取り付ける。CPUソケットの内部には、ピンがあるので折らないように気をつけること。

CPUを落としたりしないこと。組み込む際のけがに注意すること。けが防止するため帯電防止用の手袋がおすすめという人もいるが、CPUのピンに引っかけて折る危険があるので素手でやったほうがいい。

メモリとSSDをマザーボードに取り付ける

メモリスロットにメモリを取り付ける。M.2スロットにM.2SSDを取り付ける。取り付け部分がマザーボードの背面になるものがある。M.2SSDのネジは特殊なのでなくなさいこと。

  1. メモリスロットのロックを開く
  2. メモリを押し込む
  3. 二枚目も同様に差し込む
  4. M.2SSD用のヒートシンクを外しSSDM.2スロットに取り付けヒートシンクを取り付ける

メモリがしっかり差し込まれていないことが意外にある。PCが正常に作動せず故障と勘違いする人もいるので注意。欠けている部分を合わせること。

CPUクーラーをマザーボードに取り付ける

  1. 取り付けに必要な部品だけを取り出す
  2. バックプレートを指す
  3. スペーサーをピンに挿す
  4. 台座をスペーサーの上に置く
  5. ナットで台座を固定する
  6. CPUにグリスを塗る豆程度の少量にすること
  7. ヘラを使ってCPU全体に塗る
  8. ヒートシンクをCPUの上に置く
  9. ヒートシンクをネジで留める
  10. ファンクリップをファンに留める
  11. ファンはヒートシンクに固定する
  12. ファンの電源ケーブルを固定する

Ryzenシリーズのファンの取り付け方法

モデルによってファンの取り付け方が異なる。

例えば、Ryzen2700Xではキットのフックにツメを引っかけて固定する方式。2400Gではバックプレートを取り付けてネジ止めして固定する方式。

電源ユニットをマザーボードに取り付ける

  1. PCケースのふたを開ける
  2. ケーブルを準備する
  3. 電源ユニットにケーブルを挿す
  4. ファンのケーブルはよけておく
  5. 電源ユニットはケースに入れる
  6. ネジ止めする

マザーボードをPCケースに取り付ける

  1. スペーサーを取り付ける
  2. 電源ケーブルを引き出す
  3. 電源ケーブルをマザーボードに挿す
  4. マザーボードをPCケースに入れる
  5. マザーボードPCケースに取り付ける
  6. マザーボードに各種ケーブルを接続する
  7. コネクタにPCケースや電源からのケーブルをすべて取り付ける

ピンヘッダを折らないように気をつけること。ケースファンの数に対してマザーボードのファンコネクタが足りない場合がある。ファン分岐ケーブルを使えば1機のファンコネクタで複数のファンを回せる。

ビデオカードを取り付ける

  1. グラフィックボードを取り付ける
  2. VGAホルダの固定を解除する
  3. ビデオカードを固定する
  4. 電源ケーブルを挿す
  5. VGAホルダーで支えネジで留める
  6. UEFIを設定する
  7. Windowsをインストールする
  8. デバイスドライバをインストールする
最新情報をチェックしよう!